>

釣り竿とリールのお手入れ方法とは

釣り竿のお手入れ

まず、釣り竿のお手入れについてです。
釣りをしたあと、よほど汚れがひどくなければ、軽くふきとるだけでも大丈夫です。
ただ、汚れがひどいときは以下の通りに掃除をする必要があります。
まず、濡れたタオルを用意して、釣り竿の根本から先端の隅々まで拭きます。
エサをつかって釣る時には持ち手のスポンジ状の部分に汚れがしみ込んでいる場合があります。
そしてこれは、放っておくとどんどん臭くなります。
竿の先端を拭く時は横方向に折り曲げると折れてしまう可能性がありますので、縦方向に拭くのがポイントです。
エサがこびりついた汚れは乾燥すると固まって取れにくくなるので軽く水でふやかしてからとりましょう。
ふきとったあとは乾いた布で拭き、日陰で保管をすればOKです。

リールのお手入れ

次は、リールのお手入れです。
リールは竿よりも繊細なパーツが多いので注意が必要です。
リールはさびついてしまうと使い物になりません。
ひどい汚れがない限りは水道水で水洗いをして乾燥させれば大丈夫です。
また、この時ぬるま湯で洗うとオイルグリスが流れ出てしまうので必ず冷水で洗うのがポイントです。
そして、水洗いをする時には内部に水が入るといけないので、ドラグノブを締めておきましょう。
ドラグ、釣り糸に一定の重さがかかった時に糸が切れてしまうのを防ぐために自動的に糸をだしてくれるシステムのことです。
一通り冷たい水で洗ったら、軽くハンドルを回して水気をとばし、日陰で干しておきましょう。
だいたい釣りに5回に1回くらいはメンテナンスが必要と思っていてください。


この記事をシェアする