釣具の保管や手入れはどうしたら良い?

釣り具の保管・手入れ方法とは

釣りをする時のマナーって?

そもそも、釣り道具ってどんな種類があるのでしょう? あまり釣りに行かない人にとっては知らないもの、馴染みのないものばかりかもしれませんので、ひとつひとつ紹介していきます。 今後釣りに行く時に必要になる基本の釣り道具の7つだけでも覚えておきましょう。

釣り竿とリールのお手入れ方法とは

釣りに行く時に一番大切な釣り竿とリールのお手入れ方法について紹介します。 釣り道具は、どうしても水に触れてしまうものなので、放置しておくとすぐにさびてしまいます。 細かったり繊細な部分なので洗い方もちゃんと方法がありますので、確認しておきましょう。

小物類とクーラーボックスのお手入れ方法とは

竿とリール以外にも洗う必要があるものがありますよね。 ルアーなどの小物類やクーラーボックスは、なくしそうだったり重くて洗うのが大変だったりと、忌避しがちなものばかりですが、ここで放っておくと後で大変になります。 このページでは、これらのお手入れ方法について紹介します。

釣り道具ってどんな種類があるの?

釣り道具のお手入れの話の前に、まずは釣りをする時に心がけるべきマナーを紹介しておきます。

1つ目は、あいさつをすることです。
釣りをする時、よほどの穴場でなければ1人ですることはありません。
釣り場が混んでいる時は先に来ている人にあいさつをすることでお互い良い気持ちになれます。
照れてしまったり話しかけることが苦手だという人は「今日釣れてますか?」などが聞きやすいでしょう。
また、初心者であればなおさら、色々なことを教えてもらえますので、仲良くなるとよいでしょう。
2つ目は、迷惑をかけないことです。
釣り場はみんなのものです。
大人数でお酒などを飲んで散らかして帰るなどはもってのほかです。
3つ目は、安全に配慮することです。
先ほどから言っている通り、釣り場には他の人もいますので、おもりやルアーを投げる時は周りに人がいないか確認してからにしましょう。
けがをさせてしまっては大変です。
また、子どもを連れていく時には、釣りに夢中になりすぎて目を離してしまうことがないようにしましょう。
4つ目は、美化に努めることです。
持ってきたゴミはきちんと持ち帰りましょう。
ゴミの放置が行き過ぎると立ち入り禁止となってしまうこともあるので、要注意ですね。
また、エサがこぼれたりした後も放置すると汚いだけでなく臭いです。
5つ目は、保護するということです。
食べるには小さすぎる魚を釣ってしまうこともありますが、その時は海にかえしてあげましょう。

おすすめリンク

安心の釣具買取店とは

多くの釣具買取店が存在していますが、安心して査定してくれる店を選ぶために見定めるべきところとは。